スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Forti90D検証結果

Forti90D

詳細情報
CPU:FortiSOC2 900Mhz(1CPU)
RAM:1838 MB
ファーム:v5.0,build0305,141216 (GA Patch 10)

使用コマンド
get hardware status
get hardware cpu
get hardware memory


帯域負荷テスト
800Mbps×→300MbpsギリOK

CPU:約87.5%
メモリ:約12.7%

パケットドロップ率(100Mbpsあたり)
約0.25%


新規セッションテスト
4,000

CPU:約87.5%
メモリ:約12.7%

使用コマンド
get system performance status
(5秒毎に10回使用)
diagnose sys top 2 15
(1分間実施)
diagnose netlink device list
(パケット送信後に実施)

スタティックルーティング:1
ポリシー(all許可)
ポリシー数2

メモ
帯域負荷時に300Mbps以上になるとCPU使用率が90%以上になり、パケットがドロップ
使えない

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。